Best Gear For Winter Bike Commuting

冬の自転車通勤に最適なギア

冬は通勤が大変

ここ数年、電動アシスト自転車の爆発的な普及により、自転車通勤は格段に楽になった。しかし、ペダルを漕いで通勤する体力的な負担は軽減されたものの、ひとたび天候が寒くなったり雨が降ったりすると、その経験は楽しいものではなくなってしまう。

冬を目前に控えた今こそ、氷や雪、雨はもちろんのこと、骨まで凍りつくような寒さや強風の中を毎日移動するために、装備を整え、前もって計画を立て始める時だ。冬の自転車通勤に最適なギアをリストアップしてみた。

冬の視界を確保するライト

冬の到来で最も困ることのひとつは、暗くなるのが早いことだ。下水溝や穴ぼこ、自転車レーンにあるゴミなど、道路に潜む危険物を確認できるのはもちろん、高品質の自転車用ライトは、自転車に乗った人を見ようとしないドライバーの意識を高めるのに役立つ(雪が降っているのを知らなかったのか!)。

冬の通勤に最も重要なライトはテールライトで、最も危険な場所でドライバーにあなたの存在を知らせるからだ。ほとんどのテールライトには点滅機能が付いており、理想的だ。多くのライトには、素早く取り付けられるゴム製ストラップが付属しており、ほとんどどこにでも取り付けることができる。ヘルメットの後頭部は、テールライトを取り付けるのに最適な場所のひとつだ。

ガーミンの新しい リアビュー・レーダー・テールライト Varia RTL515は、究極の通勤安全性を提供する。通常のテールライト機能だけでなく、スマートフォンのアプリとペアリングすると、レーダー信号を発信して後方から接近してくる車の位置をスマホに表示し、警告してくれる。

完璧なテールライトを見つけたら、ヘッドライトは冬の通勤にとって次に重要な装備だ。自動車運転者の多くが、バイクで走っている人に気づかないことに驚くだろう。正面衝突の可能性を防ぐには、点滅モードのヘッドライトを1つ持っていることが不可欠だ。

理想的なのは、点滅するヘッドライトをハンドルバーに置き、通常のヘッドライトはヘルメットに置くことだ。こうすれば、どこを見ても、自分がどこに向かっているのかがはっきりわかる。ヘルメットの上でヘッドライトを点滅させると、周囲がストロボの光で照らされているように見えるため、少し混乱してしまうかもしれない。

その点 NiteRider Lumina 1200 Boost 自転車用フロントライトは、5つのモードで1,200ルーメンという驚異的な明るさを実現し、日中用フラッシュモードも搭載しているので、通勤時にいつでもどこでもドライバーの意識を高めることができる。

冬の自転車通勤に最適なウェア

ドライバーの注意を最大限に引きつける装備の準備が整ったら、次は冬の通勤に最適なウェアを探そう。バイク専用の冬用アウターウェアには、従来のウェアにはない安全性や利便性があることを覚えておこう。ここでは、寒さの中を出かける前に必ず装備しておきたい機能をいくつか紹介しよう。

自転車用反射ウェア

通勤・通学用に作られたサイクルウェアのほとんどは、反射トリムか、あるいは大きな反射パネルが付いている。反射材は多ければ多いほどいい。通勤用の理想的な防寒着をすでに持っていて、反射トリムがない場合は、いつでも以下のものを手に入れることができる。 反射バンド足首や手首、ヘルメットなど、戦略的な場所に取り付けることができる。

冬に自転車に乗るためのジャケット

冬に自転車に乗るために特別に作られたジャケットには、日常生活であらゆる違いを生み出すユニークな機能が付いている。ヘルメットの上からかぶれるフード、大量の反射トリム、脇の下のジッパーで作業着が汗まみれにならない、視認性の高い黄色い素材などだ。 REI Co-Op Junctionサイクリング・レイン・ジャケットは、冬のライドに最適な機能満載のジャケットのひとつだ。

防風グローブは冬の通勤に欠かせない

風の冷たさを指先まで感じないようにすることは、冬の通勤を快適に過ごすための重要な要素だ。防風シェルと十分な保温性を備えたグローブを探そう。 PEARL iZUMi AmFIB Lite サイクリング・グローブ.指先の防寒だけでなく、タッチスクリーン対応の人差し指と親指、グリップ力のある合成皮革の手のひらを備えているため、ハンドルバーの感触を存分に味わうことができる。

冬用のブーツ、ブーティ、それとも万能シューズ?

通勤距離や、ライディング中に靴を履くことを好むかどうかにもよるが、通勤用の冬用バイクシューズがあるといいだろう。ほとんどの暖地用ライディングシューズはぴったりとフィットし、通気性が高い。

通勤時間が長かったり、気温が高かったりする場合は冬用ブーツが最適だが、それほど過酷でない地域の場合はブーティでも十分だ。その Sealskinz オールウェザーLEDサイクリングオーバーシューズは、防風性と断熱性に優れたブーティに、背面に小さなLEDテールライトを組み合わせたもので、快適性と安全性を兼ね備えている。

ハンドウォーマーとフットウォーマー

ハンドウォーマーとフットウォーマーは、冬の長時間の通勤に欠かせない。このような使い捨てカイロを使用する際には、いくつかの役立つヒントを覚えておくことが重要だ。まず、これらの便利なカイロはすぐに熱くなるわけではなく、完全に作動させるには空気の流れが必要です。そのため、手袋や靴の中に入れる数分前にパッケージから取り出してください。第二に、ハンドウォーマーは水に濡れると使えなくなるので、一度作動させたら、湿気の多い場所に押し込まないように注意しよう。

状況認識のための安全なスマホマウント

ここまで述べてきた安全性と快適性の必需品に加えて、スマートフォンに素早くアクセスすることは、冬の通勤を改善する重要な方法のひとつだ。GarminのVaria Radarテールライトのような安全システムをスマートフォンと一緒に使う場合、スマートフォンを見やすい場所にマウントできることは不可欠だ。

レーダーシステムの統合はもちろんのこと、交通システムのアップデートやナビゲーション、個人的なパフォーマンスを測定するための走行データなどをスマホで簡単に確認できることは、冬の通勤をより安全で魅力的なものにします。Rokformの ラギッドケース自転車用スマホマウントより安全な冬の通勤シーズンをお過ごしください!

コメントを書く

全てのコメントは、掲載前にモデレートされます

このサイトはreCAPTCHAによって保護されており、Googleプライバシーポリシーおよび利用規約が適用されます。