10 Cell Phone Etiquette Tips for Work

仕事のための携帯電話エチケット10カ条

この記事では、アシュリーが職場で携帯電話を使用する際のマナーについて10のヒントを紹介します。Rokformの製品は、携帯端末を保護するだけでなく、デスクで見えるようにしてくれます。

携帯電話はパソコンと同じくらい仕事にとって重要なものになっている。忙しいスケジュールを管理するために、携帯電話は必要なのだ!仕事では基本的に携帯電話に頼らざるを得ないとはいえ、携帯電話を使うときにはマナーを守ることが大切です。職場で携帯電話を使うときのマナーについて、10のヒントを集めました。

  1. 他の同僚に聞こえ、通話に気を取られるような場所で通話する場合は、声を小さくしましょう。
  2. 可能であれば、特に個人的な通話は個室で行う。
  3. 他の人の迷惑にならないよう、職場では電話をバイブレーションかマナーモードに設定する。
  4. すでに誰かと向かい合って話している場合は、電話に出ない。重要な電話であれば、席を外して電話に出る。
  5. 会話中に携帯を見ないようにする。携帯電話を見ていると、気が散っていて会話に集中できていないというメッセージになります。
  6. エレベーターやトイレなど、狭い場所やプライベートな場所では電話で話さない。
  7. グループミーティングやクライアントとの電話中は、テキストやその他の理由で電話を使用しないようにする。
  8. 会議中にメモを取るときは、携帯電話の代わりにノートパソコンやタブレット、紙とペンを使いましょう。
  9. クライアントや同僚、あるいは個人的な番号からの電話に出るときは、丁寧に応対し、仕事中の他の雑念に気を取られることなく、会話に集中しましょう。
  10. ビジネスディナーでは、可能であれば携帯電話の電源を切り、メッセージやメールをチェックしたくならないようにしましょう。クライアントは、あなたが全神経を傾けていることに感謝するでしょう。

もうひとつのコツは?

アルミニウム製の携帯電話スタンドを使って、デスクで携帯電話を見えるように(そしてフル充電で)置いておきましょう。RokDockを使えば、メッセージや重要なミーティングの予定があるかどうかが一目瞭然です。RokDockを使えば、マナーを守りつつ、常にベストな状態を保つことができます!

エチケットのヒントを見逃しましたか?下のコメントで教えてください!

コメントを書く

全てのコメントは、掲載前にモデレートされます

このサイトはreCAPTCHAによって保護されており、Googleプライバシーポリシーおよび利用規約が適用されます。